シャープレシオ

シャープレシオとは、リスクに対してどれだけ収益をあげられたかを示す指標です。
シャープレシオに対する解釈はいろいろありますが、当サイトでは平均損益(円)÷トレード損益(円)の標準偏差として定義しています。

数字が大きいほど、

「リスクの割にリターンが大きい」
「効率よくリターンを上げている」
「運用成績が優れている」

ことを示します。

シャープレシオの数字が大きいストラテジーほど、過去の検証上日々のトレード損益のばらつきが少なく、安定した利益が出ていたストラテジーとなります。

・当サイトでは、シャープレシオを以下の基準で見ています。

0.20以上   安定度・収益率ともにかなり優秀なシステム
0.15~0.20  安定度・収益率ともに優秀なシステム
0.10~0.15  実運用に耐えられるレベルの最低基準。これを下回ってしまうと不安定なシステムとなる。
0.10未満   不安定なシステムで、実運用には向かない

シャープレシオの計算方法

シャープレシオ = [1トレードあたりの平均損益] ÷ [トレード損益の標準偏差]

シャープレシオによるストラテジーの成績比較方法

・ストラテジーA(1日目+7,000円、2日目+3,000円という波の穏やかなストラテジー)
トレード平均損益:5000円 トレード損益の標準偏差:40000%

・ストラテジーB(1日目+20,000円、2日目-10,000円という波の荒いストラテジー)
トレード平均損益:5000円 トレード損益の標準偏差:80000%

上記2つのストラテジーのシャープレシオを計算すると、

ストラテジーAのシャープレシオ = 5000 ÷ 40000 = 0.125
ストラテジーBのシャープレシオ = 5000 ÷ 80000 = 0.0625

となり、ストラテジーAの方がシャープレシオが大きく、リスクに対して利益が高い、安定したストラテジーということになります。

シャープレシオの名前の由来

アメリカの経済学者で、資本資産評価モデル(CAPM)の創始者であるウイリアム・シャープ博士が考案したことから、シャープレシオと呼ばれています。