勝率(トレード毎)

勝率(トレード毎)とは、そのストラテジーがトレード単位でどれだけ勝ち越していたかを表す指標です。

トレード単位での損益がプラスであれば勝ち、下回っていれば負けとみなす形で、2000年以降の全トレード回数に対する勝ちトレード数の割合を集計した値です。勝率(月毎)とは別な意味となりますのでご注意ください。

システムトレードにおいては勝率(トレード毎)はあまり重要な値ではないと言われています。これは、システムトレードにおいては「勝率が高いかどうか」よりも「最終的な収支がプラスになるかどうか」の方が重要なためです。

たとえば5回のトレード中4回勝てるような勝率(トレード毎)が80%の戦略があったとしても、勝つときの損益が+2%、負ける時の損益が-10%の場合負け越してしまいます。
逆に、5回のトレード中1回勝てないような勝率(トレード毎)が20%の戦略があったとしても、勝つときの損益が+10%、負ける時の損益が-2%の場合には勝ち越しとなります。

システムトレードでは、勝率(トレード毎)よりは、「1トレードあたりの期待値がプラスかどうか」を重視するのが一般的です。

一方、負けが続くと精神的な負担が増大し、システムトレード継続が困難になってきます。そのため、勝率(トレード毎)の高さは成績そのものよりも精神的に影響する指標と言えるかもしれません。

勝率(トレード毎)の計算方法

勝率(トレード毎) = 2000年以降の勝ちトレード回数 ÷ 2000年以降の全トレード回数 × 100

たとえば2000年以降の全トレード回数が2288回、勝ちトレード回数が1500回の場合の勝率(トレード毎)は以下のようになります。

1500 ÷ 2288 × 100 = 65.5%