出来高(できだか)

証券取引所で株式が売買された量の事。

たとえば、
Aさんが銘柄Xを1,000円で100株売り
Bさんが銘柄Xを1,000円で100株買い
という注文を出し、取引が成立した場合には銘柄Xの出来高は100株となります。

出来高の値が大きいということは売買が活発であることを意味し、
また出来高と株価は非常に関係性が深く、常に両者の動きに注目することが重要と言われています。(たとえば株価の上昇開始時に大きな出来高を伴った場合には、多くの投資家が注目していることがうかがえるため、今後さらなる上昇期待が持てるのではないか?など)

個別銘柄の出来高は人気を表す指標としても利用され、
特にデイトレードなどの短期売買の際には特に重要視される指標の1つです。
※株式分割時等には、過去にさかのぼってこの値が書き換えられる場合があります。